1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
フィールドワーク

調査が可能となって30年。変貌し続ける中国に向き合い、新たな方法を模索し続けた老壮青の実践の記録。新たな人類学への挑戦。

 
沈黙の医療

患者のナーディ(脈)を読み取る治療家の指先。診断から薬草の処方までの問診や応答なき治療。言語や発話を忌避し、分析を超越した医療体系は、積徳としての診療、供物としての代価の応答でもあった。伝統医療の根底に潜む生命観・世界観に迫る。

 
「海に住まうこと」の民族誌

サンゴを積み上げた人工の島に暮らす人々。悠久の昔から続く南洋の長閑な風景と見まがう。だが、ひとびとの日常に深く寄り添うと、そこには絶えざる変化と切り結ぶ日々新たな生活があった。同時代を生きる者同士としての共振から新たな民族誌を展望。

 
水上に住まう

「住まう」という営みのインテグラルへ。
水上/陸上に住まうという行為を、単に住む場所に関連させるのではなく、また被差別の問題に置き換えるのでもなく、日常の実践の総体と捉える。船に住まう人々の生きざまを描く、気鋭の民族誌。

 
装いの民族誌

伝統的な衣装が日常生活で着られる雲南。しかし、村々には商品化・工業製品化の波が押し寄せ、伝統的衣装の多くは既製服化・化繊化している。民族衣装の置かれた現実を見つめ、装うという人間の行為の普遍性とその現在に迫る。民族性への新たな視座。

 
江南の水上居民

古くから船上で暮らしてきた太湖の漁民たち。建国後の「漁業社会主義改造」により陸上定住者となった彼らの暮らしの変化とは何か。国民国家への統合プロセスを追いながら、漁民社会・信仰生活に焦点を当て、変化と持続の両面を分析。歴史民俗学の貴重な成果。

 
モンゴル人ジェノサイドに関する基礎資料9

本書は内モンゴル自治区でおこなわれた中国文化大革命に関する第一次資料を解説し、影印するシリーズ。文革の動向に大きな影響を与えた紅衛兵。彼らの残した各地各種の新聞は、党内の思惑や様々な派閥の消息を伝える第一級の史料群。

 
儒家思想と中国歴史思惟

歴史思惟の扱う事実の特殊性と儒家の理念が求める普遍性など、両者の緊張関係を古今東西の事例から考察。中国思想の根源を探る。

 
台湾儒学

植民地支配と対峙した50年、400年に亘る台湾原住民文化との対話は、儒学を相対化しながら世界思潮の中に定置し直した。

 
「スーホの白い馬」の真実

村落と見まがうような南太平洋の小さな町も、やはり都市であり、村とは違う生活が息づいている。「ゲマインシャフト(共同社会)としての村落」「ゲゼルシャフト(利益社会)としての都市」という二項対立的な世界観を打ち破る「ゲマインシャフト都市」の概念をフィールドから提起。人類学からの新たな都市論。

 
RSS

新刊情報

東アジアの民族と文化の変貌

東アジアの民族と文化の変貌

中国南部の少数民族と漢族の文化の相互変容

著者:鈴木 正崇
 
境域の人類学

境域の人類学

分断の論理と結合の力学の絡み合う地点で

 
 
中国の宗族と祖先祭祀

中国の宗族と祖先祭祀

変化し続ける家族・宗族の歴史的展開

著者:馮 爾康
小林 義廣
 
フィールドワーク

フィールドワーク

老壮青の実践の記録。人類学への挑戦。

 
 
沈黙の医療

沈黙の医療

伝統医療の根底に潜む生命観・世界観に迫る

著者:梅村 絢美
 
「海に住まうこと」の民族誌

「海に住まうこと」の民族誌

住まうことの偶有性、人類学の新展開

著者:里見 龍樹
 
 
水上に住まう

水上に住まう

「住まう」という営みの複合的な検討

著者:藤川 美代子
 
装いの民族誌

装いの民族誌

民族衣装とは何か、装いへの新たな視点

著者:宮脇 千絵
 
 
江南の水上居民

江南の水上居民

水上から陸へ、生活や文化の変容を追う

著者:胡 艶紅
 
モンゴル人ジェノサイドに関する基礎資料9

モンゴル人ジェノサイドに関する基礎資料9

内モンゴル自治区の文革一次資料を解説影印

著者:楊 海英
 
 
儒家思想と中国歴史思惟

儒家思想と中国歴史思惟

グローバルな視野で見る中国思想の根源

 
台湾儒学

台湾儒学

台湾儒学の真の力量とは何か

著者:陳 昭瑛
松原 舞
 
 
台湾原住民研究 20

台湾原住民研究 20

台湾先住諸族の社会・文化研究誌。

 
「スーホの白い馬」の真実

「スーホの白い馬」の真実

白い馬は射殺されたのではなかった!?

 
 
韓国農村社会の歴史民族誌

韓国農村社会の歴史民族誌

農村調査から現代韓国社会の特質に迫る。

著者:本田 洋
 
社会の中でカンボジア仏教を生きる

社会の中でカンボジア仏教を生きる 41

カンボジア仏教の日常を追って

著者:大坪 加奈子
 
 
ラオス焼畑民の暮らしと土地政策

ラオス焼畑民の暮らしと土地政策 40

共生可能な森林の暮らしを追って

著者:東 智美
 
民族共存の制度化へ、少数言語の挑戦

民族共存の制度化へ、少数言語の挑戦 39

モン民族の歴史や文化と現状を描く

著者:和田 理寛
 
 
ブラジル民主主義の挑戦

ブラジル民主主義の挑戦 別巻12

政策決定に市民が参与、希有な事例を追う

著者:佐藤 祐子
 
韓国農楽と羅錦秋

韓国農楽と羅錦秋 43

「サムルノリ」の先駆者と伝統芸能の変容

著者:神野 知恵
 
 
戦争と難民

戦争と難民 42

多民族混淆の社会形成を歴史と語りから描く

著者:下條 尚志